日向からのお願い


日向からのおりいってのお願いです。

日向が山で放浪しているところを最初に保護されて暮らした、
シェルターの代表者から、以下のようなメールが届きました。

ちょっと時間がかかるかもしれませんが、ご協力いただければ
ありがたいです。




a0147921_9402287.jpg


どうぞ、
よろしく
お願い
いたします






こんにちは

公益財団法人どうぶつ基金理事長の佐上邦久です。
仲秋の候、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。平素はひとかたならぬ御愛顧を賜り、ありがとうございます。
また先日はご多忙中にもかかわらず動愛法改正のためのアンケートに御回答いただきありがとうございました。
内閣にお伝えするとお約束しましたように、アンケート結果および皆さまの声は、9月15日(水)中央環境審議会動物愛護部会 動物愛護管理のあり方検討小委員会のヒヤリングで発表すると共に資料として提出させていただきました。下記をご参照ください。

中央環境審議会動物愛護部会
動物愛護管理のあり方検討小委員会(第2回)議事要旨
http://www.env.go.jp/council/14animal/y143-02.html議事録も今後、環境省より発表されます。
公益財団法人どうぶつ基金では、今後も皆さまの民意を環境省をはじめとする中央に伝え、殺処分ゼロを目指したいと考えております。


さて、今回もまた緊急のお願いなのですが、鳥取県が「犬、ねこの譲渡実施要領改正(案)」に関する意見募集を行っています。
10月12日が締め切りです。

ご多忙中ですが、大勢の人に連絡して、
下記HPより鳥取県にあなた様の率直なご意見を送っていただきますよう、お願いいたします。
http://www.pref.tottori.lg.jp/dd.aspx?menuid=148274


朝晩、冷え込んできました。
ご自愛ください。



公益財団法人どうぶつ基金
理事長 佐上邦久







a0147921_9453978.jpg


アタシと
同じような
境遇の
ワンニャンが
1匹でも
助かります
ように

鳥取県の
ワンニャンに
幸あれ~






各県によって、保健所の対応が異なるようなのですが、
殺処分される保健所の犬猫を、ボランティア団体が保護しようとしても
法的にレスキューできないシステムがあるらしいのです。

今回は、鳥取県で、その条例の改正がおこなわれるとのこと。
条例案は、千葉わんのような、個人の預かりにうまく対応していないような気が
いたしますが、まずは一歩から、緊急に、ですね。

母からも、重ねてよろしくお願いいたします。
[PR]
by pyuta-kun | 2010-10-10 09:50
<< 行楽日より さわやか、秋の朝 >>