耳先カット猫

タイトルにギョッとした方・・・それは違うんです。
私も初めは、なんだか残酷な響きに聞こえたのですが、
実は、恵まれた猫のことなのです。

日向が昔、山で保護された後、3年をすごした保護犬シェルター。
そのシェルターを運営していてくださったご夫婦が、
横浜で主催された「耳先カット猫 写真展」に行ってきました。

野良ネコの保護のため、
野良さんをゲージで捕まえて、獣医さんで避妊手術をし、
麻酔のきいているうちに目印として耳の先っぽをちょっとカットします。
そして、もといた場所に戻す、という活動の写真展です。

つまり、片耳の先がVの字にカットされている子は、
地域のみなさんに見守られている、幸せな猫さんなんです。
保健所に捕まることはありません。
この耳のV字カットは、世界共通なんですって。


今日は、3年もシェルターでお世話になったご夫婦に会いに
日向も横浜まで、大好きなドライブです。



ねぇねぇ、今日はどこ行くの?
運転、代わりましょうか
a0147921_19181069.jpg


a0147921_19243392.jpg



車内は、コーヒーとポテトで遠足気分でーす。
そして神奈川県民センターに到着。


a0147921_19261492.jpg


活動としても頭が下がりますが、写真もとても素敵。
そして、初めてお会いしたご夫婦は、日向のことをとてもよく覚えていてくださり、
再会を喜んでくださいました。
我が娘の命の恩人は、穏やかで誠実そうなお二人でした。

a0147921_19334872.jpg

a0147921_19341082.jpg


akiさんと、そしてこのご夫婦と、
日向を保護してくださり、ありがとうございました。
足を向けては眠れません~。

そうそう、この活動は、「財団法人 動物基金」で検索してみてください。




さて、再会を果たした後は、ひなちゃん、横浜満喫、山下公園です。


山育ちだけど、たまには海もいいわね~a0147921_1937734.jpg

どうよ、海の似あう女でしょ?a0147921_19372934.jpg

後ろに見えるのは、ご存じ氷川丸でござるa0147921_19382037.jpg


ひなちゃん、海に合わせて、ブルーの首輪にお召し換え・・・。

そんな姿を嬉しく眺めながら・・・・山で放浪した時のこと、
保護されてシェルターに長く暮らしたこと・・・などなど、
この子の過去に思いを馳せてしまいました。
日向さん、いつまでも我が家で一緒だよ、どこも行かないでね。


a0147921_2202110.jpg
あったりまえよ~、
あたしん家
だもーん!

ゴロゴロ、
ゴロゴロ・・・
あー、
呑気だね!

[PR]
by pyuta-kun | 2009-12-20 20:07
<< 父さんには内緒 文化的生活 >>